沖縄でPADIのダイビングライセンスを取得するなら

ダイビングライセンスを取得するならダイビングが盛んな沖縄を選びたいという方が多いでしょう。ダイビングのようなマリンスポーツはハワイやグアムなどでも楽しめますが、海外になるとパスポートを用意しなければなりませんし日本語や日本円が使えなくて不便な思いをする可能性もあります。その点沖縄なら国内ですから、数日間の休暇が取れたらいつでも気軽に行けるでしょう。
ダイビングライセンスを取得するためには、初めにダイビングショップを探して自分に合ったコースを申し込む必要があります。PADI取得コースを申し込めば、ダイビングのノウハウを学びながらしっかりと資格を取ることができます。
PADIダイビングライセンスにはいくつかの種類があるので、自分の目的に合ったライセンスを選ぶことから始めましょう。短い休暇を利用して手軽にダイビングを楽しみたいという方には、スクーバーダイバーが最適です。本格的なダイビングにチャレンジしたい方はオープンウォーターダイバーの資格を取得することになりますが、スクーバーダイバーと比べると多くの講習を受けなければなりません。スクーバーダイバーなら少ない講習時間でも資格取得が目指せますから、あまり時間がないときでも安心です。こちらのコースは15歳以上の方が対象となっていますが、10歳以上であればジュニアダイバーのライセンスが取得できるのでファミリーで沖縄旅行に行く際にもおすすめです。スクーバーダイバーの資格が取れたら、インストラクターと一緒に12メートルの深さまでダイビングができるようになります。
スクーバーダイバーとして経験を積み重ねたら、オープンウォーターダイバーにチャレンジしてみましょう。オープンウォーターダイバーならインストラクターが引率しなくてもバディと一緒にダイビングが楽しめます。水深12メートルから18メートルまで範囲が広がるので、より深い場所まで潜れるようになります。PADIダイビングライセンスの講習内容は知識の開発から限定水域講習、海洋実習と幅広くなっています。
沖縄に行くならダイビングライセンスの取得を目指しながら観光や食事を堪能するのもいいでしょう。県内には多くのダイビングショップがあり、各ショップがさまざまなメニューを揃えています。離島への日帰りツアーやホエールウォッチング、シュノーケリングなどもあるので好きなメニューが選べます。ホエールウォッチングやクルーズはライセンスが必要なく誰でも参加できます。

沖縄ダイビングライセンス・PADIのCカードはワールドダイビング

ダイビングライセンスはPADIで獲得しよう

ダイビングを行う際にはダイビングライセンスが必要なことをご存知でしょうか。ダイビングライセンスがないと場合によっては海に潜れない可能性があります。そのため、ダイビングをやりたいと思っているなら手に入れることをおすすめします。

ダイビングライセンスを獲得できる教育機関はさまざまなところがありますが、いちばん有名なのはPADIと呼ばれるところです。実に世界シェアの7割がこのPADIだといわれています。ここで配られるライセンスはCカードと呼ばれていて、ダイビングをやっている人の中でその名前を知らない人はいないくらい有名です。このCカードを手に入れるにはPADIと提携しているショップで講習を受けることが必要です。

講習には時間がかかりますが、最近ではスキューバダイビングの知識をインターネット上で学ぶことが出来るようになったため、スムーズにライセンス取得へと進められます。Cカードを手に入れたからといって、どこでも自由に潜れるようになるわけではありません。より難しいところへダイブする場合は専門的な講習を別に受ける必要があります。昼間に穏やかな海域でパートナーと一緒に潜るくらいならCカードを手に入れた段階で出来るので、積極的に獲りにいきましょう。